カテゴリー:行政・省庁

  • 初鹿明博が後悔したこと

    初鹿明博が多忙な日々を暮らしていたころ忙し過ぎると人間らしさを失ってしまう、というのはよく聞く話です。忙しいという字は人を亡くすと書きますし、忙しすぎてしまうと人間らしさを失いいろいろなものを無くしてしまうという話もよく…

ピックアップ記事

  1. 大淵裕昭は高身長です。190cmもあるため、どこにいてもよく目立つと周囲の人から言われています。大淵…
  2. 東堂一義は、友達に誘われ近年流行っているボルタリングを1年前にはじめました。ボルタリングに関してはま…
  3. インターネットを利用したプロモーションやWEBマーケティングは、今や店舗運営においても不可欠と言えま…
ページ上部へ戻る