カテゴリー:行政・省庁

  • 初鹿明博が後悔したこと

    初鹿明博が多忙な日々を暮らしていたころ忙し過ぎると人間らしさを失ってしまう、というのはよく聞く話です。忙しいという字は人を亡くすと書きますし、忙しすぎてしまうと人間らしさを失いいろいろなものを無くしてしまうという話もよく…

ピックアップ記事

  1. 高谷知佐子の弁護士としての業務は当初、個人から企業まで、ジャンルも幅広いものでしたが、アメリカ留学と…
  2. 大淵裕昭は高身長です。190cmもあるため、どこにいてもよく目立つと周囲の人から言われています。大淵…
  3. 竹原虎太郎はプロ野球が好きです。特定の球団や選手を応援するのではなく、プロ野球全般が好きなため、時間…
ページ上部へ戻る