カテゴリー:行政・省庁

  • 初鹿明博が後悔したこと

    初鹿明博が多忙な日々を暮らしていたころ忙し過ぎると人間らしさを失ってしまう、というのはよく聞く話です。忙しいという字は人を亡くすと書きますし、忙しすぎてしまうと人間らしさを失いいろいろなものを無くしてしまうという話もよく…

ピックアップ記事

  1. 高齢化社会が進んでいるので、西多摩郡 老人ホームで良い場所を見つけようとしている人も少なくないです。…
  2. 阿加井秀樹は芸術に触れること以外にも趣味があります。それは、ゴルフです。休日に昔からの仲間と行くゴル…
  3. 売上の一部はバングラディッシュの支援へ世界を旅して体感した貧困国の苦しい現実ラファエロが世界のために…
ページ上部へ戻る